副業の口コミetc 一覧

会社にばれない副業を選んで、将来を安定させること!

“1、今や先が見えない時代
この30年の間に好景気と呼ばれる時期がどれ程、あったでしょうか?思い返すと景気が回復した感覚を持っている人は、そんなに多くはいないのかもしれません。バブル景気がはじけてからは、長らく不景気が続きました、その後の企業の努力によって景気は回復したものの、社会全体が良くなったとはいいがたいのかもしれません。
調子の良い企業、一向に業績が伸び悩んでいる企業と様々ありました。ただ、業績を回復させた企業でも、社員の犠牲に成り立っていることは間違いありません。
それは、早期退職を募って人件費を抑えようとしていたからです。この動きは大なり小なり各企業で行われていたことであり、社員のモラルを低下させることにもなっています。
2.将来が見いだせない中での副業への関心の高まり
特に、サラリーマンにとっての大きな関心事は、給料が上がるのか下がるのかと言うことです。
この数年の中で、企業の社員に対する評価制度が大きく変わってきました。総人件費を抑えるための対策でもあるのですが、給料が上がっていないという感覚になっている従業員が多いのではないかと考えられるのです。
しかも、早期退職が募集されたり、残業代も大きくカットされます。このような背景から、副業を始める人が段々と増えてきているのかもしれません。
3.インターネットを使う副業が人気
とりわけ忙しいサラリーマンが注目しているのが、ねっと副業です。ネット副業とは、インターネットを使った新しい副業スタイルです。
今までのように、会社が終わり、どこかの居酒屋やファミレスでアルバイトをするという副業スタイルとは、大きく変わっています。ネット副業のおかけで、大きく変わってきたのは、時間と場所の制約が少なくなったことです。これにより、今まで副業が時間的にも精神的にも大きな負担となりえたものが、一気に解決したのです。
4.副業禁止の企業でも怖くない。
しかし、副業を取り組むことを望んでいても、ためらってしますサラリーマンも少なくありません。その理由は勤めている会社の規則で副業が禁止されているからです。このような規則はインテーネットで仕事をしている時代では、非常に古い考え方だと言っても過言ではありません。したがって、規則に縛られずにネット副業を進めてほしいと願うところです。
5.会社にばれない副業とは
会社にばれない副業とは、ネット副業では基本的に会社にばれることはまずないと判断して差し支えありません。
自宅でパソコンを使い、アフィリエイトやネットトレーディング。あるいは外出中にスマートフォンでライティングを行うということもよくある話です。
たとえ、通勤電車の中でスマートフォンを使いライティングをしており、同僚や上司から見られたとしても、ごまかす方法はいくらでもあります。
むしろ、別の方法でばれてしまうことを心配しなければなりません。
それは確定申告の時です。通常、副業で年間20万円以上の収入が発生した時には、確定申告をする必要があります。この申告の時に通常の申告内容だと住民税の支払いに必要な収入じょうきょうが税務所から企業に連絡が入ります。
この動きによって、予期せぬことが起こってしまうのです。これで副業をやっていると知られるケースが想定されるのです。
しかし、ここで、「普通納税」という手続きを済ませておけば、このような悩みが解決してくれることになります。
このようにネット副業は、将来を不安視するサラリーマンにすれば、「渡りに船」という感覚ではないでしょうか。
ネット副業は、始めたいと感じた、その時からすぐに実行に移せることも大きな魅力であることは変わっていないのです。

副業禁止の会社で副業をするのなら賢くしよう

将来に対して不安の多い時代です

終身雇用制などという言葉はもはや意味をなさないものとなってきています。まだまだ年功序列などといった言葉は存在するものの、以前ほどの強力なイメージはありません。

時がたつにつれてフルタイムで働いているサラリーマンの年金、保険料、税金などは上がっていく一方なのにもかかわらず将来への不安を払拭することは全くできない時代です。いくら頑張っても退職まで今の会社で働けるのかもわからず、かといって他の会社へ転職したとしても状況は同じと思えば現状維持で働くことが一番安全なのでは、とそのまま会社に在籍している人は少なくないでしょう。

年金も払っているものの、自分が受給対象になる日は来るのか、という疑問さえわいてくるこのごろです。いつまで今の会社で働けるのかもわからず、かといって職を失ってすぐに次の仕事を見つけられる自信もない、なんて人は多いのではないでしょうか。多くの人がこれからに不安を抱いている時代です。

就業規則は副業禁止、でも副業をしたい

前述したように、社会状況がこのようであればできることなら副業をしたい、というサラリーマンは少なくないはずです。

ですが、サラリーマンにとって副業をする際に問題となってくるのは会社の就業規則です。大企業では副業を解禁したところもありますが、まだまだ多くの日本企業では副業を就業規則で禁止しているところは多いです。

給料は上がる見込みがないのに、副業を禁止されていると何ともいえない不満がつのりますよね。将来への不安から収入を少しでも増やして貯蓄したくても副業ができなければ今以上に将来に対して備えることはできません。

就業規則で副業は禁止されていても副業をしたいと強く思っているサラリーマンはかなりいるはずです。

会社にばれない副業を選択

副業禁止の会社で副業をしようと思うのなら会社にばれない副業をするべきです。よく言われている会社にばれる可能性が高い副業はアルバイトです。確定申告の際にわかる住民税の税額などから副業がばれることが多いようです。

だとすれば確定申告を自分でできる副業をすることによって会社に副業がばれるのを防ぐことができます。その副業とは最近話題のネット副業です。

ネット副業の収入は報酬型となりますので確定申告を自分でして住民税を自分で支払うことによって住民税の税額じたいを会社に知られるのを防ぐことがでいます。また、ネット副業であれば働くのは自宅でいいですし、仕事相手と顔を合わせる必要もありません。また、本名でなくても仕事はできるわけですから自分がネット副業をしているということを知られることは限りなく低くなります。ですから、会社に自分が副業をしていることはまず知られることはないでしょう。

ネット副業をすることの可能性

実はネット副業をすることで得られるメリットがあります。
ネット副業では学歴や年齢関係なく仕事をすることができます。

ですから、ある意味誰にでもチャンスが与えられる平等な場所でもあります。

本業での仕事にやりがいがもてなくても生活のため、と割り切っているのであれば、副業で自分がやりがいを感じる仕事を見つけることもできます。また、この先現在の本業を失った場合でも、副業を持っていることでそれほどあわてるということもなく次の仕事を探すことができるかもしれません。もしかすると、副業を本業にすることができるかもしれません。

本業の他に仕事をしていることによって、将来何かあったときの備えができるのです。本業以外にも何か仕事上のスキルがあれば、本業とは別の分野の仕事をすることも可能です。ですが、そのためには自分のスキルを自覚しある程度の経験を積む必要もあります。それができるのがネット副業です。

将来に対して不安を感じているのであれば、一度ネット副業の関して調べてみることをオススメします。


みんな知ってる三つのお金を増やす方法

お金を増やす方法、あったらいいですね。正確には、確実にお金をたくさん

増やす方法があったらいいですねってことです。お金を増やす方法なら

みんな知ってますよね。働いて増やす・預けて増やす・賭けて増やす、他にも

なんかありますかね、宝くじを当てて増やすっていうのは賭けて増やすに近い

かな、とにかくそんな方法ならみんな知ってるわけです。働くのは誰もが日常

やっていることです。これのいい所は確実にお金になることですが、欲しい分

だけ働けるか、働いた分だけ増やせるかっていうとそう上手くはいかないのが

困り物。確実ですがしんどい上にペースが遅いのがこの方法です。次の預けて

増やす。確実性でいったらこれが一番でしょう。銀行預金・郵便貯金・貯蓄型

保険などありますがしかし、どれも今では超低金利状態。大手都市銀行の普通

預金の金利が0.02%、定期でも0.025%なんて雀の涙もいい所、っていうか雀に

失礼でしょ!っていうレベルですから最早増やす方法とは呼びたくないです。

元本保証されてるし、何もしなくてもいいから楽なんですがメリットはそこだけ。

確実だけど殆ど増えないのがこの方法です。もう一つの賭けて増やす、これは

確実性が前の二つに比べてガクッと落ちますからそこだけでいったら手を出す

はずはないんですが、増えるときは半端なくそれも一瞬で増えたりしますから

それでつい手がでてしまうんですよね。ギャンブルにしろ投資にしろ知識と経験で

ある程度はカバーできるみたいですけど、初心者にはキツいですね。初心者には

ビギナーズラックがあったりしてそれで嵌っちゃうこともあるから、それが逆に

怖かったりしますけど自己管理力がないと増やすどころか減ることになるのは

確実でしょう。リスクは高いけど増え方は一番なのがこの方法です。誰でも

知ってるお金を増やす方法三つ、この三つのイイとこ取りした方法があれば

理想なんですけどね。つまり、何もしなくても確実に大きく増やせる、そんな

お金を増やす方法があればいいんですが世の中甘くないです。結局は三つの

どれかを選ぶしかないのが現実なんです、多分これからもずっと。