2016年04月 一覧

ネット副業ではオーバーワークにならない様にする

会社で働いていると就業時間というものがありますから、働き過ぎという状態にはなりようがありません。しかしネット副業ですとハッキリとした勤務時間が決められている訳ではありませんから、起きている時間の殆どを副業に費やすことになるケースもあるでしょう。本人が好きでやっているのならいいのですが、余りに集中してしまうと疲れも出てくるかも知れませんので、ほどほどにという事を意識していただきたいなと思っています。

何となくネガティブなように聞こえたかも知れませんが、これは長期間ネット副業をする上で絶対に欠かせない考え方なのです。例えば、一日も休まずサラリーマンが会社に通い続けたとしたらどうでしょうか。そうするとさすがに疲れてしまうというのは容易に想像できるはずです。日曜日が法律でも休日として指定されているのは、それなりの理由があっての事なのです。別に誰かのお給料を減らそうという訳ではありません(笑)

ネット副業はその様な制限がないからいいのですという意見はもちろんその通りだと思います。ただ、だからといって一切休憩を取らずにやり続けるというのは余りオススメ出来ません。一週間にたった1日ぐらいは何もしない日があったとしても問題ではないでしょう。そうやって定期的に休日を入れることによって、身体への疲労の蓄積を最小限に抑え、結果として長期間副業ができるという状況になるのです。

ちなみに私の現在の勤務形態に関してですけど、平日はサラリーマンとしての仕事をして、副業は一切やっていません。土日だけやっているんですね。本当は1週間通してネット副業をやりたい気持ちもあるのですが、やはり本業もありますので、その辺りを見極めてこの様な稼ぎ方をしているのです。体への負担は驚くほどありません。もう少し増やしてもいいかなぁと思っているところですが、やはり極端過ぎるのは良くないので、まずは少しずつ増やして行こうかと考えています。


主婦が家に居ながら出来るちょっと意外な副業があります

主婦の副業で写真の販売がある…と聞きました。写真の販売と聞くと、昔のブロマイドを並べて売っている情景が思い浮かびました。でも、今時そんなことで主婦の副業にはなりそうもないですよね。

この写真の販売とはネット上でのことです。自分の撮った写真をアップロードしてたくさんの方にみてもらい、使えそうな写真が売れる仕組みです。

では、その写真とは特別な写真なのか…と言うと、そうではないんです。日頃の生活のなんでもない風景の写真でいいそうです。家の植木鉢とか洗濯物がヒラヒラしてるとことか、本棚とかもいいかもしれません。また、近所の公園の風景も日常っぽくて良いですね。子供の遊んでいる風景なども人気みたいですが、人が映っている写真は肖像権の問題があるのでちょと注意が必要です。写真を販売するには、ピクスタ、フォトリア、シャッターストックなどの専用サイトを利用します。

写真販売で多い方では何十万も利益を上げている人もいます。しかし、報酬になるのはその売り上げの一部なので、何十万も稼いでいる方はその何倍もの売り上げを記録する凄腕の人とも言えます。しかし、イラストなどと違って写真はセンスさえあればどなたでも撮れますので、気軽にチャレンジ出来そうです。

その他に、教材の作成も主婦の副業に適しています。教材の作成はその分野の先生でなければ出来ないイメージがあります。確かに1からドリルの問題を作成するのは無理に感じられますが、この副業の場合はその補助になるようです。出来上がった問題の文字の校正や、問題と解答・解説がきちんと合っているかチェックするのです。また、ビデオを使った教材もありますので、テロップのミスは無いか、音声は大丈夫かなどのチェックも行います。やや専門性が高いので時給も1000円前後になります。赤ペンの添削のお仕事も教材作成も安全であることが何よりの魅力です。また、自分の勉強にもなり、子供さんの学習内容も改めて理解出来るので、主婦にはぴったりの仕事だと思います。