リッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)で仮想通貨を始めるのがいい!

副業に興味ある?

突然ですが、副収入には興味ありますか?

お金に興味がないという人はあまりいないと思うので、何かしら収入を増やす手立てがあるならと考える人は少なくないと思います。
そして副収入を稼ぐにもいろんな方法があって、人によってはパチンコで稼いだりもするでしょうし、コツコツとアルバイトをする人もいるでしょうし、在宅ワークで稼ぐ人もいるでしょう。

またちょっと知識のある人なら株やFXなどを賢くやり繰りしながら稼ぐという人も多いと思います。
そんな中、最近話題となっているのが仮想通貨ですね。ニュースでも良くも悪くも話題となったので中身は詳しく知らなくても、その言葉自体は耳にしたことがある、という人もいるでしょう。

この仮想通貨は、しっかりとした知識があれば株やFXと同等に、いやそれ以上に稼げる可能性があるコンテンツなんですよ!
当然個人差やその取り組み方によってその金額は変化しますが、パチンコや競馬などといったギャンブルよりも理論がある程度確立されている分、勝つために何をすればいいのかはハッキリとしているんです。

リッチフィールドクラブ

そして、その仮想通貨で「億」単位の利益を生み出すことができるという、ある種革命的なビジネスが誕生しました。
それが、Kenji Toyoharaさんが設立したビジネスクラブの「リッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)」です。

このクラブは、仮想通貨によって実際に2年で資産を100倍にしたKenji Toyoharaさんの独自理論に基づき、自宅にいながらにして仮想通貨での成功を目指す同志が集まっています。
ただ、「仮想通貨は難しそう」「よく分からないし何だか不安」「そもそもKenji Toyoharaって誰?」「稼げるとかいって結局は詐欺なんじゃないの?」などといった声も実際に多かれ少なかれ存在しています。

私は実際にリッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)の受講生なんですが、私のほうでその魅力といったものをお伝えし、仮想通貨に興味がある方に是非お勧めできればと考えています。
仮想通貨に興味がある方、副収入に興味がある方、純粋にお金をもっと欲しいと思う方には、是非このまま読み進めていただければと思います。

リッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)は受講するだけでは始まりません

耕さないとね

まず始めにお伝えしておきたいこととして、このリッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)に入ったからといって、絶対に儲かるというわけではありません。
どんな仕事であっても、実となる稼働があって初めて成果が出ます。畑仕事で例えるなら、種を買って土に撒いただけで実や花が結ぶわけではありません。

土を耕し、良きタイミングで種を撒き、日々世話をし、害虫や雑草の駆除などを行うことで初めて結実するものです。
このリッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)に入るということは、畑と種を手に入れただけに過ぎません。それを日々扱うことで、実を育てていくわけです。

その点を勘違いしたのか、入会しただけで稼げると思い、その後特に何の成果も出ないままに「稼げない、詐欺だ」と吹聴する人が過去にいたそうです。
これはお互いに悲しい結末を迎えてしまったパターンですね。常識的に考えれば分かりそうなことですが、稼げるという言葉だけを受け取って他のことが見えなくなってしまったのかもしれません。

ちょっとずつ花を咲かせていく

こちらをお読みの皆さんであれば心配はないかと思いますが、一応念を押しておきますと、このリッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)は入会しただけでは何も始まりません。
入会するのはあくまでもスタートラインであり、そこから日々活動していくことによって、ちょっとずつ花を咲かせていくという流れになります。

寝てお金を稼ぎたいという方には不向きだと思うので、別の副収入を探されることをお勧めします。
ただこのリッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)では、受講することでいろいろな方向性から利益を生み出すための理論とそれに必要なマニュアル・ツールを授けてくれます。

日々ちょっとずつでも取り組めるという人であれば、きっとそれらを使って近い将来には素敵な実が結ぶと思います。

リッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)に参加するためには

登録してみよう

ここからも引き続きお読みいただけるということは、少なからず仮想通貨に、そしてリッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)にご興味をお持ちなのかと思います。
ではどのようにして申し込めば、始めればいいのかをお伝えします。

まずはネットで「リッチフィールドクラブ」と検索してください。紹介ページが表示されます。
そのホームページにはKenji Toyoharaさんがどのような人なのか、普段何をされている人なのか、または簡単なプロフィールなどが掲載されています。

それを見て、雰囲気や空気感などを感じ取っていただけると良いかと思います。

イメージと違う

そして今もやっていると思いますが、受講希望者に対しての講演会を行っており、ホームページにその案内が載っています。
ただこれに参加したからといって、必ず申し込まなければならないといったようなことはありません。

実際にお話を聞いてみて、「イメージしていたものと違った」「自分には合わなそうだ」と感じたら申し込まずにそのまま帰っても構いません。
実際に私が講演会に行ったときも、申し込みを行わないまま帰宅した人が数人いました。申し込みを焦ってもあまりいいことはないかと思うので、まずは講演会に参加されることをお勧めします。

そしてその後申し込みを行う場合は、スタッフの方に説明を受けながら、必要な書類などを記入してという流れとなります。
講演会に参加した上で、申し込みを後日改めて行うということももちろん可能です。現在では法律が整備されており、契約を無理やり強制したりするようなことは一切ないのでご安心ください。

無事申し込みが完了したら、追って日々の作業に必要なマニュアルとツールが送られてきます。それを手にしてからが、リッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)の始まりとなります。

リッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)では日々どのような作業を行うのか

守秘義務

ここではリッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)において何をしていくのかを簡単に説明します。
詳しくは守秘義務のような決まりがあるため言えませんが、何となくでも伝わるような形でお伝えできればと思います。

申し込み後にマニュアルとツールが送られてきます。

仮想通貨の世界はとにかく情報が早く、それらを整理し理解していくことが何より大変なんですが、このツールにはKenji Toyoharaさんが過去2年で資産を100倍にした理論が反映され、仮想通貨で利益を出すために必要な作業をある程度自動的に対応してくれるものです。もちろんそれだけで全てが完結するわけではなく日々の調整などが必要になるんですが、このツールがあるおかげでレートとにらめっこする必要が軽減されます。

仮想通貨をやるにあたって面倒になる部分を助けてくれるツールだと考えればいいかと思います。

作業内容

そしてマニュアルとはそのツールの使い方であったり、仮想通貨をやる上で最低限理解しておくべき事象などがまとまったものとなります。皆さん、ネットを使うというと難しいのではと考えがちですが、難しい作業は特にありません。
仮想通貨について十分な知識がない人でもしっかりと理解できる内容となっているので、読んでいて内容が理解できない、ということはそこまで心配する必要はありません。

この作業ですが、だいたい30分もあれば充分です。慣れるまでは1時間近くかかるかもしれませんが、1週間もやれば普段やるべきことを理解できるので、そこまで負担になるような分量ではないでしょう。
何かの合間を使って作業するような形でも大丈夫です。私の場合ですが、朝起きる時間を少し早めてその時間を作るようにしました。

余裕がある場合はスマホでもレートなどをチェックしながら、勤務先でも仕事を抜けて2~3分ほどトイレに籠って操作していました。

スマホでも作業可能

そうです、伝え忘れていましたがこのリッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)はパソコンはもちろんのこと、スマートフォンでも操作できます。
パソコンを持っていないという人、またパソコンがないと在宅で副収入は無理と思っている人も少なくないと思いますが、心配は無用です。

自宅ではなかなか自分の時間が作れないという場合は、出先などでその時間が作れるのであればスマートフォンを使って作業するのも手です。
日々やるべき内容はマニュアルに書かれている通りに進めるだけです。ある程度軌道に乗ってきたら、やることは大体同じになってきます。

ただし、それに毎日向き合っていくだけの時間的・精神的な余裕は必要になります。仮想通貨は生き物であり、常にその価値は上下しているので、その動きを注視しなければならないからです。
それをさぼっていると、気付いたら損を出していたということも決して珍しいことではないんです。同じような作業が続いてもそれを根気よく継続する気持ちの強さが、成功させるための何よりの秘訣といえるかもしれません。

リッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)を開発したKenji Toyoharaさんとは

Kenji Toyoharaさんとは
引用元→ http://rfc-challenge.com/kt/

これまでずっとリッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)について紹介できる範囲で紹介してきましたが、そもそもこれを開発したKenji Toyoharaさんという人がどういう人物かをお伝えする必要があると思います。
それによってより理解が深まるか、信用していい人なのかどうかを判断していただけるとよいかと思います。

Kenji Toyoharaさんが金融商品を扱い始めたのは10年ほど前になります。その行動力で培った人脈や情報網などを駆使して、あっという間に大きな利益を生み出したそうです。
その後はアフィリエイトなども始め、金融商品に留まらずいろいろなビジネスを確立させ続けてきました。そして今回の仮想通貨もこの2年間で資産を100倍にするという利益をはじき出し、今に至るというわけです。

Kenji Toyoharaさんがこのように成功を収め続けたのは決して彼のセンスだけではなく、また運がよかっただけでもないでしょう。
興味を持ったものには積極的に飛び込んでいく好奇心と行動力、そしていろいろな人に支えられるその人柄や性格など、いろいろな要素が含まれていると思います。

シンガポール

そして現在はシンガポールに住みつつ、仕事で日本へ行ったり来たりしているそうです。
特に今はこのリッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)に注力しており、日本での仕事がメインになっているようです。

日本もシンガポールも金融市場の最先端にいる国なので、金融商品の情報を集め、また発信していくにはとてもいい拠点になっているのではないでしょうか。
私は講演会のときに直接お話する機会があったんですが、私のような立場の人でもしっかりと目を見て話してくださり、決してご自身の意見や考えを押しつけたり上から目線で語ってきたりすることはありませんでした。

これもきっと彼の人柄や性格なんだと思います。
目を見て話してくださったからこそ、私も彼の講演やこのリッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)の中身を信頼しようと思えましたし、彼の周りにはたくさんの人間が集まる理由も分かった気がしました。

もし講演会が今も開催されていて、Kenji Toyoharaさんと直接話す機会があるようなら、是非思っていることをいろいろ伝えてみてください。きっと彼の頭の良さや人柄の良さを感じられると思います。

リッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)にも落とし穴はある!?油断してはならない!!

油断してはならない

ここまで読んでいただけた方は、きっとリッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)に大きな興味を抱いているという方もいらっしゃると思います。
しかし、リッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)は天国でも理想郷でもありません。最初の方にも言いましたが、あくまでも仮想通貨で利益を勝ち取っていくためのひとつのツールに過ぎません。

ここでは皆さんに冷静になっていただきたく、メリットとデメリットをしっかりとお伝えした上で最終的な判断にお役立ていただければと考えています。
まず仮想通貨をはじめ、株・FXといった金融商品には常にリスクや危険性はついて離れないものです。

Kenji Toyoharaさんもずっと右肩上がりだったわけではないようで、時折訪れるリスクやトラブルをなるべく最小限に抑える努力をした上で今に至っているそうです。
当然リッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)で配布されるツールにはそのリスクや危険性を回避するためのノウハウといったものも反映されていますが、それが全てではありません。

アンテナを張り続け、常に新しい情報を仕入れ、その情報のもとにベターな選択肢を選び続ける行動を取れる人が最終的に勝つ仕組みになっています。
とはいっても、リッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)では常に最新情報をラインやメールなどで配信しています。

その情報からしっかり現状を把握した上で、やるべき行動をツールに反映させながら進めていくのが私たちの日々の取り組みになります。

自己責任

それをやらずに損を出してしまうのは自身の責任となります。
嘘の情報を配信したならまだしも、事実に基づいた情報を配信しているにも関わらず作業をさぼったりして損を出したらリッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)側には責任は負えないでしょう。

金融商品とはそういうものなんです。とはいっても、常に役立つ情報を配信してくれ、困ったときには電話やラインで相談することもできます。
リスクをケアしないのは問題ですが、リスクにばかり目がいって動きが取れなくなってしまうのもそれはそれで問題です。

ある程度経験値が積まれるまでは、どんどん相談窓口を頼って、その時にできる最善の行動を取るようにしましょう。
リスクもある分、リターンも大きいものがあります。実際にKenji Toyoharaさんは2年で元手を100倍以上にしています。

仮想通貨

大小さまざまな波があったかとは思いますが、それでもこの結果を出し続けたのは単純にすごいことです。
その理論が詰まっているわけですから、単純に100倍とはいかなくても、それに近い数字を、状況によってはそれ以上の成果を残せる可能性も充分あると思います。

これまで仮想通貨(のみならず、いろいろなビジネスにおいて)で勝ち続けてきたKenji Toyoharaさんのデータやノウハウが蓄積されたリッチフィールドクラブ(RICHFIELD CLUB)なので、何もなしに始めるよりは遥かに成功しやすい条件が揃っていると思います。

しかし、仮想通貨は生き物なので、実際にどういう結果をもたらすかは神のみぞするところです。それらをしっかりと認識・理解した上で、自身の責任のもとに始めてください。

最近話題となっているのが仮想通貨ですね。ニュースでも良くも悪くも話題となったので中身は詳しく知らなくても、その言葉自体は耳にしたことがある、という人もいるでしょう。
今仮想通貨を利用したビジネスとして人気が高いのがリッチフィールドクラブです。仮想通貨を使ったビジネスをはじめるならリッチフィールドクラブを利用するのが一番良いです。

このサイトで詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ